2013年1月アーカイブ

 建設技術者の継続教育を全国規模で行っております。

1回6時間程度のセミナーの中で、建築後術者向けの「耐震」について

お話をして頂く方を探しています。

 

当社は、2012年度において、「滋賀県」「京都府」「兵庫県」「奈良県」「徳島県」「三重県」「岐阜県」

「長野」「愛知県」等の、建設業協会様、建設業社様向けに、CPDS/CPDセミナーを行って

参りました。

 

現在の所、奈良県方面の予定です。

詳細は、当 イールのHPよりアクセスして頂き、お話いたします。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

                                                       陽

今年も、CPDS/CPDセミナースタートです。

昨年の暮れには、岐阜の長良川国際会議場で2日間、新年早々は和歌山の御坊で1日の

セミナー行ってきました。

どちらも、20名前後のご参加でした。

和歌山方面のセミナーツアー(1週間連続)は、6月3日~8日。7月8日~13日。8月5日~10日の

3回で、和歌山県の全域を毎日セミナーしながら移動します。

夏場なので、6日間連続は結構ハードです。

でも、「面白かった!」とか「ためになった!」とかのお声を聞けば、疲れは吹っ飛びます。

 

今年は、昨年みたいに、長野連続ツアーはないかも知れません。

ただ、今年は四国の徳島県連続ツアーがあるようで、体の調子を整えて。

 

昨年、多くの会場で好評だった、「コミュニケーション能力の向上」は少し封印して

新しいバージョン開発中で、御期待ください。

 

                                                      陽

 

 国交省から受注されている、建設業の皆さまには、BCP認証制度があるのを御存じでしょうか?

ISOを業務にしている私としては、ISMSの事業継続のためのものというイメージでした。

現在、関東地整、近畿地整、中国・四国地整、では昨年から実施されている制度です。

 

その他の「地整」ではこれからです。

内容は、大災害が発生したした時の、各建設会社の対応を取り決め、対応策を決めること。

ISOと同様に、点数がもらえます。2年間有効の審査を受けます。

 

弊社は、いち早く受審のお手伝いもやっています。

 

ご質問のある方、早く取得したい方、

 

お問い合わせ頂ければ、幸いです。

 

                                                        

                                                        行陽